• ホーム
  • ノルバスクの主な副作用は

ノルバスクの主な副作用は

ノルバスクは安全性が高く重篤な副作用がほとんど無いため、標準的な降圧剤として古くから使用されている医薬品で、降圧剤の中のカルシウム拮抗薬に分類されています。
血糖や尿酸、脂質などに影響することも無く、年齢も不問なので幅広い患者に使用することができます。
細胞内へのカルシウムの流入を減少させることにより、冠血管や末梢血管を弛緩させる作用があり、確実に血圧を下げるため高血圧治療や狭心症の治療に欠かせない医薬品ですが、中でもノルバスクは他のカルシウム拮抗薬と比較して安価であることが大きな特徴です。

重篤な副作用は無いものの、服用による軽微な副作用として頭痛や顔のほてり、めまい、蕁麻疹、むくみなどの症状が現れることがあります。
また、摂取する食品によっては相互作用が働いて薬が効きすぎてしまったり逆に弱くなってしまうことがありますが、ノルバスクはグレープフルーツと同時に服用すると、グレープフルーツに含まれる「フラノクマリン類」と呼ばれる成分が作用を高めてしまうため、低血圧になったり、副作用が過剰に出てしまう可能性があります。

ノルバスクなどのカルシウム拮抗薬は、服用後は小腸の血管から吸収されて肝臓を経由して全身に広がりますが、吸収の際に小腸の細胞が出す酵素によって薬の一部が分解代謝されるようになっています。
その代謝分を計算して服用量が決められていますが、フラノクマリンはこの酵素の働きを妨げる作用があります。
そのため、体内に吸収される量が増加して血中濃度が高くなり、異常な動悸などの症状が出る場合がありますので注意が必要です。

ノルバスクは医師の診断が必要な処方箋薬なので、ドラッグストアや薬局では販売していませんが、ジェネリック薬を個人輸入で購入することができます。
しかし、誤った分量を服用したり、現在服用している薬と併用することによる副作用も考えられるため、医師の診断の下に使用することが望ましい医薬品です。

ノルバスクで重篤な副作用の症状は現れる?

ノルバスクに限らず、必ず副作用を理解してから薬を服用することが大切です。
ノルバスクを服用する上での副作用は、ほてり(熱感、顔面潮紅など)・めまい・頭痛・動悸・むくみ、かゆみ。
蕁麻疹・血管炎・血管浮腫・連用により歯肉肥厚などがあります。

ノルバスクは重篤な副作用は少ないといえる薬ですが、なかにはそのような副作用が出てしまう場合があります。
まずは劇症肝炎・肝機能障害・黄疸です。
これはγ-GTPの上昇等を伴うものです。
そして無顆粒球症・白血球減少・血小板減少です。
白血球減少・血小板減少があらわれることがあるので注意が必要です。

さらに房室ブロックにも気をつけなければなりません。
初期症状としてめまいがでるので、もしおかしいと感じたら医師に相談しましょう。
そして横紋筋融解症があらわれることがあるので、観察を十分に行い、筋肉痛、脱力感、CK(CPK)上昇、血中及び尿中ミオグロビン上昇等があらわれたら使用を中止することとなります。

もちろん、ノルバスクの投与に向かないケースもあります。
まずは投与する患者についてです。
妊婦・または妊娠している可能性のある婦人や、ジヒドロピリジン系化合物に対し過敏症の既往歴がある患者に対しては、投与しないようにします。

また、患者が他の薬を服用している場合、その薬の併用にも注意しなくてはなりません。
降圧作用有する薬やグレープフルーツを併用すると、降圧作用が強すぎてしまう恐れがあります。
また、CYP3A4阻害剤には血中濃度の上昇、CYP3A4誘導剤には血中濃度の低下を招く恐れがあります。
したがって、これらの薬との併用は危険因子を増やしてしまう要因となるため、注意しなくてはなりません。

関連記事